自己紹介(インターン編)

 

おはようございます。

今日は月曜日です。

とにかく今週も頑張ります!!!

土曜日は、三重県のカイロプラクターの「ペコポン」先生が当オフィスに遊びに来てくれました。その後一緒に「ターグルリコイル」の勉強をしに東京に行ってきました。また再来月お会いしましょう。

その後、岩槻で接骨院を開業している、専門学校時代のリーダーと共に、温泉に行きラーメンを食べAM2:00頃まで遊んでいました。

と、話がそれてしまいましたが、自己紹介「インターン編」です。

学校を卒業し、何とか国家試験に合格した私は、就職先を探し始めました。

普通皆さんは卒業前に就職先を見つけておくのですが、私は国家試験で頭が一杯で「まっ、何とかなるや。」と後回しにしておりました。

それで、学校の求人票を見に行きました。

私は人に、「人生ついている?」と聞かれると、宝くじの1等は当たった事は有りませんが、「わりとついている!」と答えます。決して「憑いてる(霊)」訳では有りません。本番に強いと云うか、何て云うか、いつも何とかなります。(人にいつも、「なる様にしかならない」とも言われます)

何とかなりました。

しかも、ついてました。

仙台駅前にある整骨院で、毎日多くの患者が来院されておりました。また、インターンの先生方は凄く勉強熱心で、そこでカイロプラクティックに出会いました。

色々な勉強会や業界の先生方に直接指導を受け、25才の時に宮城県名取市の名取駅前に接骨院を開院致しました。

一つ心残りなのは、インターン最後の年に東京にカイロプラクティックの大学「RMIT大学(現:TCC大学)」が開校し、当時の副院長先生に進められたのに、入学しなかった事をいつも後悔していました。

接骨院の開業地を名取に選んだ理由ですが、当時「釣り」に嵌ってまして、候補地として、「金華山」「女川」などの海にすぐ傍ばかりを選んでいました。

しかし、家族に「金華山に開業したら患者は鹿しかいない」と言われ、様々な理由から「名取」に決まりました。ちなみに宮城県の金華山近くで、「金華鯖」と云うサバがいます。新鮮であれば仙台のお店で生の刺身で食べれます。酢でしめなくてもいいのです。

本当においしいです!!

機会が有れば是非食べて下さい。

と、また話がそれてしまいました。

次回は自己紹介(接骨院奮闘編)です。もし宜しければ読んで下さい。

IMGP1583

<Rapha Chiropractic Office の施術室です>

手前から、サービカルチェア、ニーチェストテーブル、ゼニスのステーショナリーで52のタイプ骨盤ドロップがオプションで付いています。頭部・胸部はノードロップです。胸部は無くても良いのですが、頭部は有っても良いかな。

奥の白い機械は、空気清浄機です。

 

 

自己紹介 (専門学校編)

今日は、私大原の自己紹介をします。

なぜ、埼玉県の大宮に開業したかです。

よく聞かれます。

私は、宮城県の仙台育英学園高等学校を卒業し、そのまま接骨院の先生になる為、東北柔道専門学校(現在は、仙台接骨医療専門学校と名前が代わりました)に入学しました。ちなみに接骨院の先生になるには、3年間専門学校に通い、卒業試験を受け、国家試験に合格すると「柔道整復師」の免許が与えられます。それで晴れて、接骨院の先生です。

ちなみに、「接骨院」「整骨院」「ほねつぎ」は同じ「柔道整復師」の免許を持った先生で、保健所や厚生局に登録し、保険請求すれば健康保険を取り扱い出来ます。しかし、「接骨院」で保険が適用出来るのは、「骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷(肉離れ)」の施術に限り、患部を温めたり、冷やしたり、電気を掛けたり、折れたり外れた骨を元に戻した時に保険請求が出来ます

日本では、「カイロプラクティック」や「整体」は法規制がされていない為、保険が利きません。ですので、当院は接骨院の国家資格を持っていても保険が利きません。

では、何故私が接骨院の先生になったかです。

私は小学生の頃、よく図書館に行きました。

本はキライでしたが、姉の影響でマンガが大好きでした。

図書館には、手塚治虫さんの本が沢山有りました。「火の鳥」「ブッタ」「鉄腕アトム」「アドルフに告ぐ」・・・、その中でも一番好きなのが、「ブラック・ジャック」でした。私は医者に憧れました。しかし、成績表が「ムリ!!」と告げていました。

中学生になり、私は将来医療に携わる仕事がしたいと思いましたが、何になるかは決まっていませんでした。

当時私は少林寺拳法の2段で、毎週自分より年下の子供たちに教えていました。そんなある日、拳法の先生に

「お前は将来何の仕事をしたいんだ?」

「医療系です」

「何だ?系って!!!」

「あの、私の頭では医者は無理なんで・・・」

「よし、接骨院の先生になれ!」

「はい!なります!」

と云う感じで、なりました。

実は接骨院に行った事がないので、学校に入り授業が始まるまで、接骨院は何をする所か分からなかったのです。しかし、体育会系は先輩・先生の発言は絶対で、「先生の言うことは間違い無い!」と思い接骨院の先生になりました。

感謝です。ありがとうございました。

次は、インターン編です。

IMGP1692

<Rapha Chiropractic Office の待合室です>

椅子はアンティーク調で、お気に入りです。

院内はジブリグッズで一杯です。見えにくい所にも有るので、探してみて下さい。

Rapha Chiropractic Office Open! (から21日!)

初めまして。Rapha Chiropractic Office(ラファカイロプラクティックオフィス)院長大原と申します。

埼玉県さいたま市大宮駅近くに、今年6月15日にOpenして早いもので21日が経過しました。

地域の方・遠方の方・体の不調でお悩みのすべての方が、元気で健康になれるよう頑張りたいと思います。

少し時間が出来てきましたので、本日からブログをスタートしたいと思います。

主に、カイロプラクティック・姿勢・旅行・食事についてです。

かなり気まぐれな私ですので、たまに見て頂ければ幸いです。

宜しくお願い致します。

IMGP1731

<Rapha Chiropractic Office の受付です>

私が撮った渾身の一枚です。