小児カイロプラクティック

今回は「小児カイロプラクティック」です。

小児とは、15歳以下の子供を指します。ちなみに新生児は出生から4週間(28日未満、0ヶ月)まで、乳児は1歳未満、幼児は6歳未満を指します。

大人ではなく、生まれたばかりの赤ちゃんから15歳未満の子供にカイロプラクティックは必要でしょうか?

答えは、Yes!とても必要です。

身体が軟らかく、骨もまだ未発達のはずなのになぜ必要なのでしょうか?

カイロプラクティックの視点から説明をさせて頂きます。

子供は体内にいる状態から、身体に負担が掛かっていたかもしれません。それは、子宮の状態や逆子などが原因で、成長過程において動きや姿勢に制限が有ったかもしれません。

出産時、子供を取り出す時に首や骨盤に負担が掛かったかもしれません。

帝王切開の際、子供の首に負担が掛かったかもしれません。

など読んでいると怖くなってきますので、自宅で簡単に出来る赤ちゃんと子供のテェック法です。

1.仰向けで、いつも同じ方に首を動かし、反対側に首を動かすのが苦手そう。

2. 片側の身体が緊張してあまり動かさない。

3.夜泣きが多い

4.首が座り両脇から手で抱き上げると、両脚の開き方に差がある。

5.ハイハイやひとり歩きを見ていると、真っ直ぐに進まない。

6.中耳炎を繰り返す

7.大きくなり、背中を見ていると身体が斜め

など、観察していると分かると思います。

病院で異常なしと言われても、もしかすると身体の歪みから来ているかもしれません。

気になる様でしたら、是非一度「ラファカイロ」にご相談下さい。

最後に、私は友人や家族の子供が生まれると、すぐに身体のテェックをして、歪みが有れば矯正をしています。

 

産後骨盤の歪み

今日は産後の「歪み」です。

妊娠中緩み柔らかくなった関節が、出産時一番関節が開きます。

この時に恥骨や骨盤の後側の関節が「ビキッ!」や「バキッ!」っと音が鳴ったと訴える患者さんが多いです。

出産時に開いた関節が、約2ヶ月間をかけゆっくりと固定されていきます。その時歪んだままの関節であえば、骨盤の歪みに繋がります。(特に仙腸関節・恥骨結合部・股関節・左右の腸骨部に発生します。)

今までも、出産後股関節の痛みで歩けない、又はびっこ(跛行)をひく様になった。恥骨部が痛くて靴下が履けない、足が上がらない。骨盤が痛くて力が入らない、腰が痛い。等など沢山の症状を訴える患者さんが来院されました。

過去の出産でも、歪んだまま骨盤が固まり、出産後からの症状を訴える方がいらっしゃいます。

是非一度、出産後(特に2ヶ月以内に)骨盤や身体のチェックにいらして下さい。

姿勢分析や骨盤チェックで驚きの結果が出るかもしれません。

妊婦さんの矯正

今日は妊婦さんの治療についてです。

以前より、妊婦さんの腰痛や肩こり、逆子矯正で治療をさせて頂いております。

皆さんによく質問されるのは、「治療による胎児・母体の影響」です。

当院ではお腹が大きくなっても、負担の掛からない専用のベッドをしている為、安全にうつ伏せになる事が出来ます。

また、妊婦さんは「リラキシン」と云うホンルモンにより関節が柔らかくなっている為、軽い矯正で十分な効果がえられます。

胎児・妊婦さんのカイロプラクティックによる影響ですが、大丈夫です!

アメリカで、胎児・母体に影響は無いと云う医学的根拠の論文があり、海外では妊娠中にカイロプラクティックを受診します。

では、カイロプラクティックの視点から妊婦さんの体の変化を見ていきます。

 

妊娠初期では「つわり」が始まります。

「吐き気」や「めまい」などの気持ち悪さから、特に上半身が緊張し「肩こり」の症状をよく訴えます。

また、気持ち悪さから「胸周辺」の筋肉にも影響が出できます。

 

次に少しずつ大きくなる「お腹」です。

お腹が前に大きく出てきます。大きくなるだけでは無く重さも有る為、腰が大きくカーブします。「出っ尻」を想像してもらうと分かりやすいと思います。

重いお腹に引っ張られ、妊婦さんはかなり、「重心のバランス」が変わります。

また、先程のホルモン「リラキシン」は妊娠3ヶ月~出産2・3日まで分泌されます。

そのホルモンの影響で関節が緩み、関節を支える為関節周辺が緊張し、「歪み」や「痛み」が誘発され「腰痛」・「骨盤痛」の原因になります。

 

骨盤部では、特に「仙骨」という骨の位置が重要と考えられ、「難産」の原因に繋がると考えられています。

 

次に妊娠後期・胎児の環境です。

子宮の位置を固定する為の靭帯などが有ります。(少し難しいですが、子宮広間膜・子宮円索・子宮頚横靭帯・仙骨子宮靭帯などです)

それらの、片側の緊張が子宮に捻れを生じさせ、バランスを崩すと考えられます。(Williams Obstetrics 21th Editionから)

子宮のバランスが悪いと、胎児の「逆子」の原因や無理な姿勢での成長に繋がります。

 

次は「逆子」です。

当院は逆子治療に「ウエブスター・カイロプラクティック・テクニック(Webster Chiropractic Technique)」と云うテクニックを使用しております。これは、アメリカ・カナダで統計を取った所82%の確率で逆子が戻り、帝王切開などのリスクを回避できる手段として用いられているテクニックです。

これは、とてもソフトなテクニックでビックリすると思います。

10回を目安に受診して頂きますが、早い人では1回目で、多くは4~5回位で変化がみられます。

 

妊婦さんの治療・カイロプラクティックの目的

①「肩こり」「腰痛」「骨盤痛」などの痛みの軽減

②出産後の「歪み」を少なくする

③難産の回避

④出産後の早期回復

⑤ホルモンの調節

⑥子宮のバランス

⑦陣痛における子宮収縮の強さと間隔

 などですが、安心にて出産して頂く為、病院から絶対安静と言われている方や、基本安定期前の方はお断りしております。

 

当院では妊娠~出産と云う、人生における一大イベントを迎える妊婦さんとその家族の方が、毎日を笑顔で迎えられるようお手伝いをしております。

 

次回は、気になる「産後と骨盤」のお話しです。