Raphachiro Diary

Rapha Chiropractic Office Official Blog


自己紹介(カイロプラクティック編)

今日は「カイロプラクティック編」です。

接骨院を開業した後も、カイロプラクティックの勉強会や有名な先生の所に直接指導を受けに行きましたが、満足することは出来ませんでした。

そして、いつもインターン時代にカイロプラクティック大学に入学すれば良かったと思っていました。

で!そんな事を思っていてもつまらないので、入学しました。

カイロプラクティックは世界40カ国以上の国で医療として、また医学的にも効果が認められています。残念ながら日本では国が認めていません。しかし、その確実で安全な効果から、日本の元総理大臣の小泉潤一郎さんや、柔道の谷良子さん、野球の松井秀喜さん、海外でいえば、故カーネルサンダースさん、ナポレオン・ヒルさん、シュワルツェネッガーさん、スティーブンセガールさんなど多くの方が治療を受けています。

アメリカでは、医者の事をM.D.( Medical Doctor) と呼びます。カイロプラクター(カイロプラクティックを行う医者)のことをD.C.(Doctor of  Chiropractic) と呼ぶお医者様なのです。(国により称号が代わります)

幸運にも仙台には、アメリカでD.C.になった先生が学校を開き、その学校に入学しました。専門学校なので2年間の全日制でした。

基礎からやり直し、また分からなかった事も勉強することが出来幸せな毎日でした。

専門学校を卒業した私はさらにカイロプラクティックに嵌って行きました。そして、今度は東京の学校に月1~2回勉強に行く様になりました。

又、より多くの患者様を治したい。もっと色々な症例に出会いたいと云う気持ちと、ある程度自身の付いた私は接骨院を拡大する事にしました。

毎週土日は仙台と名取の不動産を廻りました。

そして、名取の接骨院の近くに良い物件が見つかり、どうしようか?と悩んでた時に、忘れもしないあの地震が来ました。

「東日本大地震」

平成23年3月11日金曜日午後2時46分頃、昼休みが終わり午後の診療を始めようかと体をベッドから起こした瞬間、突然揺れ始めました。

それは、物凄い揺れで、とても歩ける状態では無く、またその時間は短かったのか長かったのか今でもよく分かりません。

次回、やっと自己紹介最終話、(地震編)です。

IMGP1618

<ラファカイロプラクッティックオフィス 化粧室>

こちらで着替えた後、化粧を直す事が出来ます。

Comments are closed.