Raphachiro Diary

Rapha Chiropractic Office Official Blog


身体が歪まない座り方

患者様に、「家でどんな座り方をすれば、身体が歪まないですか?」

と聞かれる事があります。

まず、ダメな座り方は「女性座り」

床にどちらかの足を崩して座る方法です。

次に、「足を組む座り方」

上記の二つで共通している点は、左右どちらかの方が座り易いです。

「女性座り」では、右若しくは左にいつも足を崩しており、反対側は「やり難い」「その姿勢を維持できない」等が発生し骨盤の歪み、背骨の側弯の原因となります

「足を組む座り方」も、左右どちらかの足を上で組むのが楽、若しくは足を組まないと座っていられない等の原因で、これも身体が歪んでしまいます。

一般的な良い座り方とは

「椅子」では深く座り、背もたれ部分と背中の間に隙間を作らず、背中を丸くなり難くします。

「床」では、正座と胡坐が良く、正座する際にはお尻の下に重ねたクッションや座布団を置く事により、腰や背中が丸くなり難くなります。

しかし、家に帰ってきちっとした格好って疲れませんか?

私はソファで身体を崩すのも女性座りも仕方がないと思います。

しかし、左右交互バランスよくなる様に心掛けて貰っております。

「椅子の足組み座り」は止めて貰います。

施術後、身体の歪みが取れておりますので、足を組みたいと思うのは「クセ」です。

もし、スカートの人は、どちらかに左右の足を揃えて斜めにするように言っております。

この他にも、長い時間座っていても、姿勢が崩れにくい座り方や、目線の方向、顔の位置等色々とポイントがあります。

気が向いた時にでも、ブログに載せようかと思っております。

Comments are closed.