Raphachiro Diary

Rapha Chiropractic Office Official Blog


身体の歪みセルフチェック!

久し振りのブログです。

今回はうちのオフィスで、皆さんに伝えてる自分で出来る「身体の歪みチェック」の方法です。

1.鏡の前(約50cm位)に立ちます(出来れば裸の方が特に分かり易いです)

2.足先を揃えます

3.胸の大きさ、乳頭の高さの左右差を見ます。同時に左右の肩を見比べ、どちらかを前に突き出していないかを確認します。もし左右差が見られた場合、身体の捻じれや胸郭部(肋骨や背骨)の捻じれが考えられます。

4.耳の付け根下部分の左右差を見ます。この時耳たぶの下の部分で確認する人がいますが、耳や耳たぶの大きさが左右異なる人がいますので、耳の付け根で行って下さい。もし左右差がある場合、頭や首・背骨・骨盤・足の捻じれの可能性があります。

5.鎖骨の端(肩の近くの出っ張り部)の高さの左右差を見ます。

6.おへその下に指を当て、左右に拡げた際の辺りにある骨盤の出っ張り部(上前腸骨棘)に指先を当て左右の高さを確認します。もし左右差があれば骨盤部や腰の捻じれがあります。

どうでしょう?

3・4・5・6で当て嵌まる所は有りましたか?

あった方で、現在何の悩みも無い方がいらっしゃると思います。

簡単な歪みはストレッチや運動で改善しますが、それでも改善しなかった歪みを放置すれば、月日が経ち背骨の変形や、膝・股関節・腰・首の痛みや頭痛など様々な身体の問題の原因となります。

恐いですね…

上記以外にも、当院では背骨の左右の曲がりや身体の左右の傾き、股関節や各関節部捻じれ等も確認します。

身体の歪みは放置せず、将来の自分に影響を与える為、普段から意識する事が大変重要だと思います。

Comments are closed.