スタカレー・ゼリーフライ・塩あんびん餅

今から約4年前、宮城県に居た頃に見たテレビ番組で、埼玉県には「スタカレー」と「ゼリーフライ」と「塩あんびん餅」という物があると知り、「埼玉県に行ったらそれを食べよう!」と思っておりました。

 

「スタカレー」とは、浦和の娘娘(にゃんにゃん)とういう中華料理屋のメニューです。

今では姉妹店でも食べられるそうです。

「カレー」と言いましても本当のカレーではありません。

簡単に言いますと,,,

豆腐無しの麻婆豆腐です。

テレビの受け売りですが、30年前ではまだ珍しい、豆板醤を用いた料理を考案したそうです。

「スタカレー」の「スタ」は「スタミナ」から由来で、ニラとニンニクと肉からスタミナと名付けたと言っていた様な気がします…

 

「ゼリーフライ」は確か行田発祥だと記憶しています。

「ゼリーフライ」は中に「ゼリー」は入っていません。

確か銭「小判」の形に似ている形から、訛って「ゼニ」が「ゼリー」になったたよう記憶していますが、確か…

 

埼玉に来た頃に、私のお世話になっている先輩とたまたま入った居酒屋で、偶然「ゼリーフライ」を出していて食べる事が出来ました。

その先輩に「スタカレー食べたい!」「スタカレー食べたい!」とずっと言っていたら、私がうるさかったらしく連れて行ってくれました。

 

どちらも個性的な味で、コメントは控えさせて頂きます…

好みや味覚には個人差がありますからね!

IMG_2071

最後に「塩あんびん餅」です。

テレビによると、それは「大福」なんですが、「砂糖」を使用していない「大福」で、日本各地に「塩大福」はありますが、それはまったく甘くないそうです。

食べ方は一口齧り、その部分に砂糖を流し込み食べるそうです。

「何それ!?意味が分からない?」がテレビを見た私の感想です。

意味が分からないから一度食べてみたいと思い、埼玉に来て直ぐに「春日部」に行きました。

春日部駅周辺の「和菓子」屋をしらみつぶしに行き、店員さんに説明しても、皆知らない・聞いた事が無いと言われました。

患者様に聞いても皆知らないと言い、諦めていました…

 

昨日行田からいつもご来院頂いてる患者様から「和菓子」を頂きました。

それは長年探し求めていた「塩あんびん餅」と「いがまんじゅう?」でした!

どうやら私の勘違いで、「春日部」では無く埼玉県北東部、特に「加須」や「久喜」地域の食べ物らしいです。

 

肝心のお味は、まず一口目…

凄くしょっぱい!IMG_2072

 

砂糖を入れて二口目…IMG_2073

しょっぱくて少し甘い!

甘じょっぱいでは無く、先にしょっぱさが来ます。

 

もっと砂糖の量を増やして三口目…

しょっぱくて甘い!でした。

やっぱりしょっぱさが先に来ます。

長年求めていた物を食べる事が出来、嬉し過ぎてテンションMAX!!!

 

もう一つの頂き物の「いがまんじゅう」。

これも見た事がありません。

見た目は「お赤飯」のおにぎり版です。

IMG_2069

それを齧ると…

何と!お赤飯の中から「まんじゅう」が出てきました!IMG_2070

凄い!

赤飯だと思わせておいて… まんじゅう!

感動です!

 

私は郷土料理などその地方にしかない珍しい食べ物が大好きです。

 

最後に、今回の3つの食べ物を埼玉県民の患者様に聞くと、殆どの方が知りません。

地方の食べ物って、地元の人しか知らないのかもしれませんね。

 

行田からいつもご来院頂いておりますS様、ご馳走様でした!

ありがとうございました。

あまりの感動でブログに載せてしまいました。

投稿者:

Rapha

ラファカイロプラクティックオフィスのスタッフです。 ガンステッド80%カイロプラクティック15%その他不純物5%で構築されています。