Raphachiro Diary

Rapha Chiropractic Office Official Blog


腰部脊柱管狭窄症

本日は『脊柱管狭窄症』についてです。

脊柱管狭窄症には首の部分と腰の部分で起こる狭窄症が有ります。

当院は特に腰で起こる「腰部脊柱管狭窄症」が得意です。

脊柱管狭窄症とは、背骨には中枢神経である「脊髄神経(腰の部分では馬尾神経と名称が変わります)」の通る穴「椎孔」が有ります。

1つ1つの背骨が重なり、椎孔で形成された「脊柱管」が加齢や負荷が原因で背骨が変形し、脊柱管を通る神経の穴が「狭く」なり神経に影響を与えます。

ですので、腰の脊柱管が狭くなり症状を起こしている→「腰部脊柱管狭窄症」と云う病名になります。

症状は、50代以上の年齢の方に多く、腰・足に痛み(両足又は片足)・お尻~足までのシビレ・お辞儀(前屈位)の姿勢が楽・少し歩くと足が苦しくなり休まなくてはならない(間欠性破行)・夜間の痛み(夜間痛)・じっとしていても痛い or 苦しい or シビレ(自発痛)・立つと身体が歪んでいる(逃避性傾斜)等があります。

診断には、問診や検査(MRI・整形外科的検査)が必要です。

病院(整形外科)の治療は、注射や処方薬(痛み止め・胃薬・神経の働きを良くするリリカやビタミン剤)・手術等です。

当院でも重度の場合は、手術をお勧めします。では手術を勧めるとはどんな状態なのでしょうか?

残尿感・排便障害・会陰部のほてりや異常感覚・異常な勃起等の症状を訴えた場合は手術を勧めます。何故なら一生その症状が残る場合があるからです。

それ以外の方は概ね改善しております。

当院に来られる「腰部脊柱管狭窄症」の方は、入口や施術室に入る数歩が困難な方、立っていられない方、両足がシビレる方、痛みで夜眠れない方がよく来院されます。

次に、ラファカイロではどのような施術をするのか?

問題の骨に直接アプローチするカイロプラクティックは行いません。

まず悪化します。

それは、痛みや神経症状から逃げる為に、自然に身体を歪めている(逃避性傾斜)に、それを問題が有るからと矯正すれば、神経を介し痛みやシビレを悪化させます。

当院の「腰部脊柱管狭窄症」の施術は、当院オリジナルの施術法です。

私が今までに学んだ、「カイロプラクティック」や「オステオパシー」等の検査法を基に原因を突き止め、オリジナルの施術を行います。

全国には、私が教えた4人の先生が同じ施術を行えます。

その4人の先生で「腰部脊柱管狭窄症」の方に同じ施術法を用い統計を取った所、8割以上の方に改善がみられました。

残りの2割未満の方は、症状が酷く手術が必要な方達でした。悪化した方は0名で安全で痛みの無い施術を行います。

施術法ですが、座位と横向きの状態で施術を行い、その後、うつ伏せ寝(お腹の部分を高くした楽な姿勢)の状態で施術を行います。

施術後はそのまま楽な姿勢で5分程休んで頂きます。

上記全ての施術に痛みは感じません。

患者様には「えっ!?これで終わり?」と言われる程少しの時間と受けた感じです。

ですが、その場で結果が分かります。

まず、足に力が入る様になり、楽に歩ける様になり、曲がっていた姿勢が改善しています。その場で足のシビレのエリアが狭まる人も多くいます。

初めは週二回の来院で、症状経過の改善と共に施術間隔を空けていきます。

他の治療院で改善しない方、少しでも改善を願っている方、当院の施術をお勧めします。

 

埼玉県さいたま市大宮区下町2-72 東武大宮ビル3階

048-643-1966

ラファカイロプラクティックオフィス

院長 大原 貴

Comments are closed.