Raphachiro Diary

Rapha Chiropractic Office Official Blog


膝の痛み

「膝が痛いんですが、カイロで良くなりますか?」

と、よく聞かれます。

 

答えは…

改善する膝の痛みと、改善しない膝の痛みがあります。

 

まず、改善する「膝の痛み」から説明します。

1.原因が特に無く、レントゲンでも問題無いと言われた膝の痛み

2.軽度~中程度の「変形性膝関節症」

中程度でも、長年膝が曲がらない、長年正座が出来ない場合、それ以上改善しない可能性が有ります。

3.ケガによる軽度の内・外側側腹靭帯・後十字靭帯・半月板損傷

軽度で有っても、前十字靱帯の損傷の場合、腫れや痛みを繰り返す場合があります。

 

上記、①と②はカイロプラクティックの骨盤又は腰の矯正でかなり改善する可能性があります。

「先生!何で骨盤や腰の矯正で、「膝」の痛みが消えたのですか?」」

と、よく質問されます。

それは、腰骨の下の方から膝の神経が出ているからです。

骨盤や腰の骨ががズレ、膝の神経に影響し痛みや違和感が出るのです。

このズレの矯正により、「歩いた時の痛み(歩行時痛)」「階段の上り下りの痛み」「膝が曲がらない」「正座が出来ない(変形の度合いによる)」「寒いと痛い」等の症状が改善します。

 

③軽度のケガによる膝の痛みは、しっかりと固定をしなければなりません。

私は接骨院の免許(柔道整復師)を取得していますので得意です。

必要で有れば、病院を紹介してレントゲンやMRIを撮ってもらっています。

(よくケガをされた方も来院されていますが、健康保険の取り扱いはしていない為全額実費です。)

 

次に、改善しない「膝の痛み」を説明します。

1.重度の「変形性膝関節症」

特に長年のストレスにより、内側の半月板が擦り減り、さらに悪化し太ももの骨の下の部分(大腿骨下端部)とふくらはぎの骨(下腿上端部、特に脛骨上端部)が変形して痛みを発している場合は、カイロでは改善しません。状態により手術をお勧めします。

2.重度の靭帯・半月板のケガ

何かしらの原因(外的要因、直接又は間接も含む)による、重度の内・外側側腹靭帯、前・後十字靱帯、内側・外側半月板の損傷です。特に内側側腹靭帯と前十字靱帯と内側半月板の損傷が多く、これも手術をお勧めします。

 

最後に

患者様の現在の状態にもよりますので、実際にお話しを聞き拝見させて頂かなければ、カイロプラクティックで問題が改善されるかは分かりませんが、軽度~重度を問わず身体の歪みやO脚をそのままにしておくと、膝に負担が掛かり変形や痛みの原因になります。歪みやズレを取る事により、負担の軽減による変形の進行を遅らせる事は確かです。

それらの事から、一度相談する事をお勧めします。

 

埼玉県さいたま市大宮区下町2-72 東武大宮ビル3階

048-643-1966

ラファカイロプラクティックオフィス

院長 大原 貴

Comments are closed.