Raphachiro Diary

Rapha Chiropractic Office Official Blog


2.足のシビレ 『梨状筋症候群』

「梨状筋症候群(りじょうきんしょうこうぐん)」とは、仙骨(骨盤部に有る三角形の骨)から大腿骨(太ももの骨)に付いている筋肉(梨状筋)の中を、縫う様に通る坐骨神経が筋肉の緊張(収縮)若しくは弛緩(伸長)によって坐骨神経が圧迫され、シビレや鈍痛を引き起こした状態の事です。

これは、うつ伏せになり、症状の出ている側の脚を、内側捻じり(内転)又は外側捻じり(外転)する事により、症状が悪化又は緩和する事により、確認が出来ます。

因みにこのテストをSOTO Test (Step Out Turn Out Test)と呼びます。

この際足の出現する場所により、神経全体に問題が出ているのか?

太ももから足の裏までに出ているのか?

太ももからふくらはぎの外側(下腿外側)に症状が出ているのか?

これにより梨状筋が坐骨神経をどの様に圧迫しているかが分かります。*1

梨状筋症候群は骨盤と股関節の矯正により比較的簡単に治る症状で、大体1~2回の施術で完治します。

(*1 坐骨神経は脛骨神経と総腓骨神経(浅腓骨神経+深腓骨神経)を神経周膜で包まれ、脛骨神経側か総腓骨神経側か、又は全体的かで分かります)

 

Comments are closed.