Raphachiro Diary

Rapha Chiropractic Office Official Blog


小児カイロプラクティック

今回は「小児カイロプラクティック」です。

小児とは、15歳以下の子供を指します。ちなみに新生児は出生から4週間(28日未満、0ヶ月)まで、乳児は1歳未満、幼児は6歳未満を指します。

大人ではなく、生まれたばかりの赤ちゃんから15歳未満の子供にカイロプラクティックは必要でしょうか?

答えは、Yes!とても必要です。

身体が軟らかく、骨もまだ未発達のはずなのになぜ必要なのでしょうか?

カイロプラクティックの視点から説明をさせて頂きます。

子供は体内にいる状態から、身体に負担が掛かっていたかもしれません。それは、子宮の状態や逆子などが原因で、成長過程において動きや姿勢に制限が有ったかもしれません。

出産時、子供を取り出す時に首や骨盤に負担が掛かったかもしれません。

帝王切開の際、子供の首に負担が掛かったかもしれません。

など読んでいると怖くなってきますので、自宅で簡単に出来る赤ちゃんと子供のテェック法です。

1.仰向けで、いつも同じ方に首を動かし、反対側に首を動かすのが苦手そう。

2. 片側の身体が緊張してあまり動かさない。

3.夜泣きが多い

4.首が座り両脇から手で抱き上げると、両脚の開き方に差がある。

5.ハイハイやひとり歩きを見ていると、真っ直ぐに進まない。

6.中耳炎を繰り返す

7.大きくなり、背中を見ていると身体が斜め

など、観察していると分かると思います。

病院で異常なしと言われても、もしかすると身体の歪みから来ているかもしれません。

気になる様でしたら、是非一度「ラファカイロ」にご相談下さい。

最後に、私は友人や家族の子供が生まれると、すぐに身体のテェックをして、歪みが有れば矯正をしています。

 

Comments are closed.