筋トレが好き

私は数年前から、「筋トレ」をしております。

以前私は、運動不足と不摂生が原因で発症した、高血圧と体重の増加に悩んでおりました。

こればかりは、カイロプラクティックを受けてもどうにもなりません。

そこで、大宮駅西口にある24時間営業の某超有名なジム「ゴ○ルドジム」に通い始めました。

始めトレーナーの方に、「目的は何ですか?筋肉を付けたいですか?」と聞かれ、「いえ、運動不足と減量が目的です。」と言いました。

すると、「じゃあ筋肉を付ければ良いですね!」と、何かにつけて筋肉をゴリ押しをされました。

当時私は、筋肉質の身体を見るだけでも嫌いでした。

筋肉イコール「ボディビル」を連想したからです。

しかし、毎日通い続け、更衣室で周辺の引き締った身体・筋肉の付いた身体と、自分のぽっこりとお腹のだらしない体を比べ情けなくなりました。

当時の私はライザップのCMで、始めに出てくるBeforeの様な感じです…

そこで私は考えました。

自分には何が足りないのか…

そうか!

筋肉だ!!

筋肉が足りなかったのか!!!

と云う事で、毎日筋トレをする為にジムに通いました。

今では筋トレが、私のストレス発散で生活の一部となっております。

勿論血圧は正常値、体重も下がり、健康体となりました。

唯一の問題は、全ての服の腹周りはダボダボで、胸周りはパツパツです。

それからラファに色々な器具を買っていくうちに、ジムに通う必要が無くなり、現在は仕事場で多い日は毎日、少ない日でも週3回位の頻度で筋トレをしております。

浦和で「なるほど姿勢教室」無事終了しました!

本日浦和のコミニュティーセンターで、無事姿勢教室が開催されました!

会場はほぼ満席で、終始皆さんの笑顔で和やかな雰囲気の中行われました。

正しい立っている時の姿勢、座っている時の姿勢、猫背矯正法、枕の高さの合わせ方等々…

次回は大宮での開催が予定されています。

姿勢でお悩みの方、寝具でお悩みの方、是非遊びに来て下さい!IMGP1844

僅か1日で定員に達しました!

お蔭様で僅か1日で、2月の「カイロプラクティックセミナー」の定員に達しました。

他県からも多数の申し込みがありました。ありがとうございます。

今年は久しぶりに毎月セミナー講師をしようと思います。

「カイロプラクティックセミナー」

募集内容:自院にカイロプラクティックを取り入れたい方、すでにカイロプラクティックを行っているが、他のテクニックを学びたい方、特定の症状に対する検査法や治療法を学びたい方等、ご興味のある先生が人数を集めて頂き、4名からセミナーを行います。出張も行いますので、お気軽にご相談下さい。

人数:4名~

回数:月1回

募集対象資格:カイロプラクター、柔道整復師、鍼灸師、あまし師、整体師など、基礎医学を勉強され方

料金:内容により異なります。お電話にてご相談下さい。

『Rapha Chiropractic Office (ラファカイロプラクティックオフィス)』

TEL:048-643-1966 担当:大原

自己紹介(大宮で開業編)

前回の続きからです。

・・・地震が来ました。

接骨院の物はみな倒れました。

幸運にも地震が来た時間は昼休み時間で、午後の診療はPM3:00の為患者様はいませんでした。

スタッフの無事も確認でき、接骨院の中を片付け始めました。

しかし、この時間に津波が来ていたのですが、我々もまた周りの方も知りませんでした。接骨院から僅か1~2km先にある高速道路が堤防となりそこで止まりました。電気がつかない為、電話・ラジオ・テレビなどの情報が無く、我々がどの様な状態なのか分かりませんでした。

水道・ガス・電気が止まり、スタッフ同士で話し合い、家族の無事と生活が元に戻るまで解散と云う結論となりました。

取り敢えず私も、家や家族・友人が気掛かりで帰宅する事にしました。

徒歩で帰宅している途中、様々な光景を眼にしました。

コンビにに並ぶ人、仙台の方面から歩いてくる人、車の渋滞、壊れた家や車、交差点のあちこち起こっている事故等など、まるでパニック映画を見ている様でした。

あとで分かりましたが、多くの患者さんが亡くなりました。

私は患者さん以外で、暫く人と話したり会ったりするのがイヤになりました。私でも気分が落込んだのですから、震災で家や家族を失った方の心の傷は物凄い物だと思います。

震災から3ヶ月が過ぎた6月、仙台で接骨院を開業している私の恩人で兄貴分の先生(仙台の兄貴)が、埼玉に行くのを誘ってくれました。

東京や埼玉に住んでる友人に我々の元気な姿を見せに行くとの事でした。

実はその時も気分が優れず、あまり人に会いたいと思いませんでしたが、せっかく仙台の兄貴が誘ってくれたので、行くことにしました。ちなみに東京の方は私にとって恩人の「東京の兄貴」と埼玉の方はこれまた私の恩人である「リーダー」です。

行って良かったです。久々の親しい友人との会話などとても楽しく過ごせました。

震災後、気持ちが落込み接骨院を移動拡大させる事にどうしても前向きになれずにいました。若い患者さん、年配の患者さん、優しかった方、楽しかった方、皆さん亡くなってしまいました。やりたかった事も沢山有ったと思います。そんな事を考え、接骨院の拡大に力がはいりませんでした。

埼玉のリーダーの家に泊めて頂いたAM6:00、仙台の兄貴が私をベランダに誘いました。(自分がタバコを吸うためです。私は禁煙中でした)

ベランダから見る埼玉の風景に、私は目を奪われました。

清々しい風、どこまでも続く建物、今までの心の靄が一瞬で消えました。

私には夢が有ります。

1.自分が理想とする治療家になること(魔法使いになる)

2.カイロプラクティックをもっと勉強したい

私はやりたい事をして死にたい。また、やりたい事が有っても死んでしまった皆さんの代わりに、私がやります。

そうだったのです。私の本当にやりたいことは接骨院を大きくする事では無く、「理想の治療家」になることだったのです。

「よし、埼玉に来よう!」

そう思い埼玉に来ました。

これで、自己紹介は終わります。

次回からは、当院の特色等などです。

自己紹介(カイロプラクティック編)

今日は「カイロプラクティック編」です。

接骨院を開業した後も、カイロプラクティックの勉強会や有名な先生の所に直接指導を受けに行きましたが、満足することは出来ませんでした。

そして、いつもインターン時代にカイロプラクティック大学に入学すれば良かったと思っていました。

で!そんな事を思っていてもつまらないので、入学しました。

カイロプラクティックは世界40カ国以上の国で医療として、また医学的にも効果が認められています。残念ながら日本では国が認めていません。しかし、その確実で安全な効果から、日本の元総理大臣の小泉潤一郎さんや、柔道の谷良子さん、野球の松井秀喜さん、海外でいえば、故カーネルサンダースさん、ナポレオン・ヒルさん、シュワルツェネッガーさん、スティーブンセガールさんなど多くの方が治療を受けています。

アメリカでは、医者の事をM.D.( Medical Doctor) と呼びます。カイロプラクター(カイロプラクティックを行う医者)のことをD.C.(Doctor of  Chiropractic) と呼ぶお医者様なのです。(国により称号が代わります)

幸運にも仙台には、アメリカでD.C.になった先生が学校を開き、その学校に入学しました。専門学校なので2年間の全日制でした。

基礎からやり直し、また分からなかった事も勉強することが出来幸せな毎日でした。

専門学校を卒業した私はさらにカイロプラクティックに嵌って行きました。そして、今度は東京の学校に月1~2回勉強に行く様になりました。

又、より多くの患者様を治したい。もっと色々な症例に出会いたいと云う気持ちと、ある程度自身の付いた私は接骨院を拡大する事にしました。

毎週土日は仙台と名取の不動産を廻りました。

そして、名取の接骨院の近くに良い物件が見つかり、どうしようか?と悩んでた時に、忘れもしないあの地震が来ました。

「東日本大地震」

平成23年3月11日金曜日午後2時46分頃、昼休みが終わり午後の診療を始めようかと体をベッドから起こした瞬間、突然揺れ始めました。

それは、物凄い揺れで、とても歩ける状態では無く、またその時間は短かったのか長かったのか今でもよく分かりません。

次回、やっと自己紹介最終話、(地震編)です。

IMGP1618

<ラファカイロプラクッティックオフィス 化粧室>

こちらで着替えた後、化粧を直す事が出来ます。